あなたは普段どのようなワキガの臭い対策をしていますか?
電車の中で汗をかいてしまったり、人前で汗が拭けない時に
周囲に臭いが広がってしまったりとワキガには苦労が多いですよね。

今回の記事では、ワキガの薬として有名な「デトランスα」の成分について
徹底的に解析した上で、どんな効果があるのかを紹介したいと思います。

デトランスαとはどんな薬なのか

デトランスαの写真
デトランスαはデンマークで開発されたワキガの治療薬です。
臭いを消すだけでなく、汗の分泌を抑える制汗剤としての効果があり
ワキガに悩んでいる人の救いの船として多くの人に利用されています。

日本では販売されていない治療薬なので
薬品の輸入サイトなどを利用して入手している人が多いです。

デトランスαにはどんな効果があるの?

デトランスαには大きく分けて2つの効果があります。

1つ目の効果は消臭効果。
ワキガの原因となる細菌を殺菌することで
ワキガ特有の臭いの発生を防ぎます。
既に臭ってしまっている場合にも、配合成分による
消臭効果によってキツイ臭いを抑えることが出来ます。

2つ目の効果は制汗効果です。
デトランスαを塗ることで皮膚に薄い膜を作り
汗が分泌できないように汗腺にフタをします。
ワキガの臭いは細菌が汗を分解することで発生しているので
ワキガの臭いを予防することが出来ます。

デトランスαの成分を徹底解析してみた

成分解析結果
ワキガの治療薬だからといって、デトランスαが必ずしも安全とは限らない。
どんな薬にも良い面悪い面があるので
評判を信用してなんとなく使用してはいけません。

こちらの項目では、デトランスαに使われている成分を
すべて解析し、体に害が無いか調べ上げてみました。
効果がある、と納得してデトランスαを使えるように目を通してみて下さい。

アルコールデナ
アルコールデナは、エタノールの同義語です。
制汗剤の材料である塩化アルミニウム溶液の刺激を中和するために使用されています。
中和剤としての役割だけでなく、エタノールそのものに備わっている
高い殺菌効果と乾性の促進目的でも使用されています。

エタノールそのものにアレルギー反応を示す方は
デトランスαを使うと、激しいアレルギー反応を示す可能性があります。
パッチテストを行うなどして、アレルギーの有無を確認した上で
使用することで安全な使用が実現します。

アルミニウムクロリッド
アルミニウムクロリッドは塩化アルミニウムの溶液を表しています。
塩化アルミニウム溶液は、名前の通り塩化アルミニウムを溶かした水です。
医療方面での塩化アルミニウムの使用目的は防臭、制汗剤です。

塩化アルミニウムには神経毒としての強い毒性があり
医療目的に使用されてはいるが、敏感肌の人には強い刺激があります。
塩化アルミニウム溶液が使用された薬品を長期間にわたって使い続けると
汗腺の発汗作用が抑制され、細い汗腺に変化し汗が出にくい体質に変わります。

アルミニウムラクタート
アルミニウムラクタートは乳化アルミニウムの同義語です。
アルコールデナと同じように、塩化アルミニウム溶液の強い刺激を中和するために
使用されている化学物質です。
汗と塩化アルミニウムが反応することによって発生する酸から
肌を守ることで薬使用時の刺激を減らすことが出来ます。
プロピレングリコル
プロピレングリコルは保湿液や乳液などの材料として
幅広く使用されている有機化合物の名称です。

毒性は極めて低く、人体に影響を及ぼすことは殆どない化学物質です。
デトランスαは塗った後でもサラサラとした肌触りが特徴ですが
保湿成分を含まないと肌が痛んでしまうので使用されています。

グリセリルステアラット
グリセリルステアラットは、デトランスαの伸びを良くする化学物質です。
水と油が分離しないように乳化させる役割があり
これを配合することによって肌に浸透しやすくなります。
セチルバルミタット
デトランスαの薬剤に配合されており
使用後の肌触りを良くする効果があります。
あまり重要視されていない成分ですが、
スラミクロクリスタリン
グリセリルステアラットの乳化作用を促進、安定させる化学物質です。
人体への毒性が低く、長期間使用しても問題が無い安全な化学物質です。
トリイドクシステアリン
石鹸や化粧品の材料として使われている化学物質です。
抗酸化作用があるので、細胞の老化を防具ことが出来ます。
肌の状態を良化することにも繋がるのでワキガ対策に必要不可欠な物質です。

デトランスαの成分解析をした結果

医者の画像
デトランスαの成分解析をしてみた結果、危険な薬ではないことがわかりました。
しっかりとワキガの臭いを緩和するための成分が入っていますし
塩化アルミニウム溶液などの強い成分によって発生する刺激を抑える物質も入っていたので
まず安全に使用することが出来るのではないかという結論に足りました。

敏感肌の人は気を付けて使用する必要がある

デトランスαには塩化アルミニウム溶液が配合されています。
上記の成分解析でも紹介したように塩化アルミニウム溶液は非常に強い刺激があります。
汗と化学反応を起こし、酸を生成する為肌に強い刺激が与えられます。

酸による刺激を緩和するために乳化アルミニウムなどの
様々な対処物質が配合されていますが敏感肌の人だと、
緩和されても強い刺激になり肌を痛めてしまうことがあります。

制汗剤、防臭剤として非常に優秀な効力を持つデトランスαを使用したい人は多いと思いますが
その刺激性について理解した上で使用することを心がけてください

デトランスαを使ってはいけない時とは

デトランスαには高い制汗作用と防臭作用がありますが
酸が分泌されるという特性上、使ってはいけない状況があります。

次の3つのどれかに当てはまる場合には使用を避けてください。

  • 腋毛をそった後
  • ワキが炎症を起こしている時
  • ワキガ乾燥している時

これら3つの状態は、肌のコンディションが悪く
デトランスαの刺激によって肌が傷つくことがあります。
特に気を付けて欲しいのが、腋毛をそった後です。

女性だと腋毛のケアを毎日行っている人が多いと思いますが
腋毛をそるときに肌が細かく傷つきます。
そういった小さな傷に、デトランスαの成分がしみ込むと
痛痒い症状が現れるので気を付けて欲しいのです。

のこり2つも、デトランスαの刺激によって痒みを生じることがあるため
肌のトラブルを避けるためにも、上記3つに当てはまるときには使用は避けましょう。