「ワキガは遺伝する」
こんなウワサを耳にしたことはありませんか?
もしあなたの両親がワキガで自分にもワキガ遺伝すると考えると恐ろしく
自分の子供にもこの辛い思いをさせてしまうのかと心配になってしまいますよね。

 

今回の記事ではワキガが遺伝するかどうかについて注目し
遺伝子との関係性について詳しく解説したいと思います。

ワキガって遺伝するの?

結論から言うとワキガは遺伝します。
ワキガがなぜ遺伝するのか、どういった原理なのかといった疑問を解消するために
こちらの項目では詳しいお話をしたいと思います。

 

アポクリン腺の量によって決まる


ワキガが発症するかどうかは、皮下にあるアポクリン腺の量によって決まります
アポクリン腺の量が少ない人、ほとんどない人はワキガの可能性は低くなりますし
アポクリン腺が多い人は臭いがきついワキガになる可能性が高いです。

 

アポクリン腺とは、通常の汗が出るエクリン腺とは違う汗腺で
タンパク質や脂質を含んだ汗を排出するにおいを発するためにある器官です。
このアポクリン腺から分泌された汗をコリネバクテリウム属の細菌が分解することで
ワキガ特有のツーンとした悪臭が発生
します。

 

このアポクリン腺は年齢によって量が変化することはありますが、
基本的に自然に減るものではないのでワキガという病気に
発生しやすい物質が遺伝するというよりは、ワキガの臭いの原因となる物質を
排出する器官の量が遺伝によって決定すると考えてください。

 

大体の遺伝確率

まずは難しい話をする前に、遺伝の確率についてお話したいと思います。
凄くシンプルに伝えさせていただくので覚えてくださいね。

両親のどちらかがワキガの場合には50%の確率でワキガが遺伝します。
両親のどちらもワキガの場合には80%の確率でワキガが遺伝します。

 

ショックも大きいかもしれませんが、わかりやすいですね。
ご両親以外にも祖父母のワキガの有無を確認する子で更に正確な
ワキガ遺伝確率を知ることが出来るので
機会があったらおじいちゃんおばあちゃんに訪ねてみましょう。

 

もし祖父母もワキガの場合には両親のどちらかがワキガの場合よりも
遺伝率が高くなることがあるので今は大丈夫という人でも
将来的にワキガになってしまう可能性があります。

 

 

優性遺伝のお話

ワキガと遺伝子の関係性を理解するためには
「優性遺伝」という言葉の意味を理解する必要があります。
ワキガが遺伝するというウワサの解説を理解するために
まずは「優性遺伝」の原理と意味を学びましょう。

 

優性遺伝とは?


まず、遺伝子は2つセットということを覚えておきましょう。
遺伝子には「優性遺伝子」と「劣性遺伝子」というものがあり
次の世代に現れやすいか、現れにくいかを表しています。

 

 

【例】
優性遺伝子=A
劣性遺伝子=a

この遺伝子の場合には3つの遺伝パターンが生まれます。

 

パターン1 → AA
パターン2 → aa
パターン2 → Aa

このうちAAとaaの同一の組み合わせになった場合には
遺伝子の特徴がそのまま反映されます。
Aaといった異なる遺伝子が組み合った場合には
優性と劣性の基準に従い特徴が表れやすくなります。

 

Aは優性遺伝子、aは劣性遺伝子なので
Aaの組み合わせの場合には優性遺伝子「A」の遺伝子が優先されやすくなります。
この現象を「優性遺伝」と呼びます。

 

分かりやすいように「身長」を物差しとして優性遺伝について考えましょう。

【例2】
優性遺伝子=T
劣性遺伝子=t

 

優性遺伝子Tは身長が高い遺伝子です。
劣性遺伝子tは身長が低い遺伝子です。
組み合わせTTは身長の高い。
組み合わせttは身長が低い。

 

ここで問題。
TTとttがの子供はTtとなりますが身長は高くなるでしょうか、低くなるでしょうか。

 

答えは「Tが優勢遺伝子なので優性遺伝によって身長が高くなりやすい」です。
これが優性遺伝です、なんとなくでいいので覚えておいてください。

 

 

ワキガと遺伝子の詳しいお話

ワキガがなぜ遺伝するのか、遺伝子との関係性について紹介したいと思います。
理論的に学ばなければ気が済まないという人や、
ワキガを改善させるために十分な知識を身に着けたいという人は読んでください。

 

ワキガは優性遺伝子


先ほどお話したように遺伝子は2つの組み合わせにより
次の世代にどのような特徴が現れるのかが決まります。
簡潔に言うとワキガは優性遺伝子です。
そのため組み合わせによっては優性遺伝します。

 

仮に両親の片方がワキガの場合には優性遺伝しますが
必ずワキガが発症するほどのアポクリン腺の量が遺伝するというわけではないので
必ずワキガが発症するというわけではないという事を覚えておいてください。

 

また、ワキガが遺伝したかどうかを判断することが出来るのは
第二次性徴期が終わるころです。
アポクリン腺は第二次性徴期に発達する為、それ以前だと
ワキガが遺伝したかどうかを判断するには体が未熟すぎるのです。

 

お子さんが生まれて、「良かったワキガじゃない」と安心したとしても
思春期あたりにツーンとしたワキガ特有の悪臭が漂うことも珍しくありません。
ワキガの判断は早すぎると正確ではないので思春期まで判断を待つ必要があります。