鼻に突き刺さるようなツーンとした臭いが特徴のワキガを発症している人は
男女問わず臭いというコンプレックスに苦しんできたと思います。

 

ワキガの手術を受けることでその臭いを軽減し無くすことが出来ますが
傷跡が残るという悪い一面も持ち合わせています。

 

手術の特性上傷跡が残るのは仕方がない事なのですが
女性は特に体の傷を気にすると思います。
今回の記事では手術によって残る傷跡に注目してお話をしたいと思います。

 

ワキガ手術で傷跡が残るかどうか


結論から言うと完璧なワキガ手術を行うと傷跡が残ります。

ワキガ手術には様々な種類がありますが、
種類によって傷跡も変わります。
大きな傷跡が残る手術もあれば、
全く傷跡が目立たない手術もあります。

 

自分にどんな手術法があっているのかを判断する為にも
こちらの項目で紹介する手術の種類を
あなたのワキガ対策の為に活かしてみましょう。

 

剪除法(せんじょほう)

剪除法とは脇の下を3,4cm切開し、皮膚を裏返しハサミで
アポクリン腺を切除することでワキガの臭いの原因を無くす手術法です。
肉眼でアポクリン腺を確認しながら切除している為
他の手術法に比べ成功率も高く取り残しも少ない傾向があります。

 

数ある手術の中で最も確実性のある方法ですが
わきの下を3,4cm切開する必要があるため傷跡が大きく残ります
保険が適用される可能性が高いので、この手術法を選ぶ人が多いですが
術後の傷跡に悩まされることが多いようです。(特に女性)

 

 

皮下組織吸引法

わきの下に1cmほどの穴をあけ細い管を通してアポクリン腺や皮脂腺を吸い取る方法です。
美容クリニックなどで行われている吸引法であり、剪除法よりも跡が残りにくいです。
取り残しが発生する可能性がある手術法なのでワキガを無臭にするのは難しいかもしれません。

 

 

超音波吸引法

上記で紹介した皮下組織吸引法を改良したことで生まれた手術法です。
細い管でアポクリン腺や皮脂腺を吸い取るのでなく、超音波による熱で
アポクリン腺の組織を破壊し吸引する方法
になります。

 

切開部位も1cmと小さいので傷跡の心配はあまりありませんが
超音波の熱によって皮膚が壊死するなど、切開の傷跡以外に
外見上気になるポイントが多々ある
ので慎重に選ぶ必要があります。

 

 

皮下組織削除法

わきの下を1cmほど切開し、皮膚の表面をローラーで転がしながら
皮下に剃刀を当てアポクリン腺とエクリン腺を切除する手術法です。
傷跡は小さいのですが、ローラーと刃物の刺激によって皮膚内部が大きく損傷し
1週間は脇を固定しなければいけない程のダメージが予想されます。

 

 

大きなダメージを有している為、回復までに時間がかかります。
医師の高い技術が無いと実現しない手術法なので腕の良い医師を選ばないと
望まない結果になってしまう
こともあります。

 

皮膚に穴が開いてしまったという器具の操作トラブルが発生したこともあるので
切開痕よりも気になる跡が出来てしまう可能性も無いとは言えません。

 

傷跡から考えるお勧めの手術

ワキガの手術と手術痕のお話を上記でさせて頂いたので
それらを参考に、お勧めの手術法を紹介したいと思います。

 

自分にどんな方法が向いているのかわからないという人は
とりあえず目を通して参考にしてみてください。

 

小さな傷跡がいいという人は皮下組織吸引法がオススメ

なるべく傷跡を残したくない、どうしても傷跡が残るとしても
大きなものでなく1cmほどの小さなもので留めて置きたいという人は
皮下組織吸引法を使った手術を受けることをオススメします。

 

剪除法と比べると再発率がどうしても高くなってしまいますが
傷が目立たないので女性に嬉しい選択肢だと思います。

 

とにかく臭いを消したい人は剪除法

ワキガの臭いをとにかく消し去りたいと考えている人は
大きな傷跡が残ってしまう可能性がありますが剪除法をオススメします。
医師の縫合技術によって傷跡が残るかどうかが決まりますが
基本的にはある程度の傷跡は残ると考えておきましょう。

 

綺麗に縫合し、化膿などが無かったとしたらほそーい線が残る程度です。
脇は普段から人に見せるような部位ではないので
安静にしていれば傷跡は気にならないものに落ち着きます。

 

3,4㎝と聞くと大きな傷のように感じてしまいますが
アポクリン腺を全て切除することが出来る剪除法であれば
ワキガの臭いを完全に消すことが出来るので
傷跡を気にしないという人は剪除法に挑戦してみましょう。

 

手術をしないという選択肢

が残るのは絶対に嫌だという人は
ワキガの手術をしないという選択肢があります。
デオドラント製品や制汗剤を使うなどして臭い対策を徹底することで
ワキガを気にしない生活を送ることは可能です。

手術をすることで臭いは消えますがそれよりも
きれいな肌を優先するという人は無理に手術をする必要は決してありません。
手術をしても再発するケースもあります(若い人に多い)
絶対的な対処法ではないので手術以外の選択肢も考えてみましょう。